趣味の資格

老後の趣味と再就職に活かすため資格マニアを目指します。国家資格を積極的に狙います!

潜水士試験受験!


本日2019年8月10日(土)は潜水士試験を受験してきました。

初の滋賀県遠征です!滋賀県自体は数年前にひこにゃんに会いに行って以来です。

かなり更新が遅くなりましたが完全に夏バテして帰宅後寝てました(^_^;)

 

試験会場

今回の試験会場は立命館大学びわこくさつキャンパスです。f:id:maulbeere:20190810225408j:image

最寄り駅はJR琵琶湖線の南草津駅でそこからバスで10分程です。

滋賀は車でしか行ったことがないですが、今回は駐車場が無いことと、高速代がそこそこ高いこと、何より直前に追い込みで勉強できなくなるのでおとなしく電車でいきました。

 
f:id:maulbeere:20190810225347j:image

いたるところにこんな看板があるので、広いキャンパスですが迷うことはないでしょう。


f:id:maulbeere:20190810225510j:image

建物に入ると、免許の申請書と、受験の申請書が山積みされていました。

今後他にも受けると思うのでしっかりいただいておきました。


f:id:maulbeere:20190810225518j:image

部屋割はこんな感じです。

潜水士受験者は35名(欠席2名)

女性1名

ガチの潜水士っぽい黒い細マッチョが25人くらい。

ただのおっさんぽい人が10名くらい

といった受験者層でした。

 

他の試験の様子を見ると、やはり衛生管理者の受験が多いですね。

受けたいんだけど事業者証明とるのが面倒で・・・

まあ、そのうち勤め先で取得を指示されると思うのでそのときをおとなしく待っておきたいとおもいます。 

 

周辺環境

昼食などについてですが、大学内・周辺にコンビニや飲食店はありせん。

授業を普通にしている期間なら土曜でも一部売店・食堂が開いているようですが、今回は夏休みということで全滅していました。

ということは事前に調べてわかっていたんですが、朝あまり時間がなかったので何も買わずに行った結果、炎天下の中に片道20分歩いてコンビニまで行くことになりました。

その結果の夏バテです・・・

 

時間割


f:id:maulbeere:20190810225533j:image

時間割は以下の通りです。

 

10:00〜12:00(潜水業務・送気、潜降及び浮上)

13:30〜15:30(高気圧障害・関係法令)

 

退出可能時間は午前は1時間経過後、午後は30分経過後です。

多くの資格マニアさんが言っている通り、この試験はこんなに時間がいらない試験です。

全ての試験時間を半分にしていただいて、午前か午後のみで終わらせていただきたい限りです。

ちょっとギリギリになりそうですが、全部で1時間でもなんとかなりそうなレベルです。

実際、午前の部では80%くらいの方が、午後の部も60%くらいの方が退室可能時間になってすぐにでていっていました。

さっさと退室したので、最後まで粘った方がどれくらいいたのかはわかりませんが、午前に関しては11:45くらいに部屋を覗いたときには誰もいなかったので、最後までいた人はいないようです。

私自身は午前午後両方とも20分程度で終わらせて退室可能時間になったらすぐにでていきました。

 

 

合否発表予定

合格発表は23日の予定です。

問題用紙は持ち帰りができないため自己採点はできませんが、合格発表まで2週間というのは早くていいですね。

 

試験の出来

航空通・消防設備士の終わったあとの一週間で叩き込んだ割には余裕だったなという感想です。

今回、試験に向けて以下の2冊の本を使用しました。

潜水士試験徹底研究(改訂3版)

潜水士試験徹底研究(改訂3版)

 
潜水士試験 出題順40問の徹底研究

潜水士試験 出題順40問の徹底研究

 

中古で安かったので、2冊目の方も入手しましたが、1冊のみでよかったです。

掲載されている問題もほとんど同じですが、「出題順」 の方は最新の問題に対応しておらず、逆に今は出題されない問題なども載っていました。

内容が細かいので、一周するのに時間がかかりましたが、構成が非常によくできていて、一周するだけで十分な(試験に向けては必要以上の)知識を身につけることができました。

 

試験会場では周りを見ると私と同じテキストの人はおらず、多くの人はこちらのテキストを使用していました。

7日間マスター 潜水士試験 合格テキスト+模擬テスト (国家・資格シリーズ 400)

7日間マスター 潜水士試験 合格テキスト+模擬テスト (国家・資格シリーズ 400)

 

本屋で軽く立ち読みして、内容が薄いなと思って避けたんですが、結果的にはこちらの本でもよかったかもしれません。

満点を取るためには徹底研究、合格点を目指すなら7日間マスターといったところでしょうか。

ごく一部ですが、中央労働災害防止協会のテキストを使っている人もいました。

潜水士テキスト―送気調節業務特別教育用テキスト

潜水士テキスト―送気調節業務特別教育用テキスト

 

この本は一度図書館にあったので借りてみましたが、堅苦しすぎてやめておきました。

 

見慣れない問題も一部ありましたが、必要以上に勉強したおかげで十分対応できたかなと思います。

午前に関してはおそらく満点取れていると思います。

午後も1問間違えたかな?という程度です。

点数は発表されないはずなので残念ですが、万が一落ちていたらマークミスがあったということしか考えられない良い出来だったと思います。

 

ところで、今回の試験はやぶりんさんと同じ会場でした。

やぶりんさんは完全には顔出しされてないですが、証明写真のネタで使われてる写真があるのでおそらくあの方かなーという程度には認識できました。

人見知りなのと、タイミングがなかったんで声をかけるのは控えさせていただきました。こちらは顔出ししていないので一方的に認識してしまって不公平で申し訳ありません!アメブロにコメントができないのでこちらでお知らせさせていただきましたm(_ _)m

 

やぶりんさん調べによるとこの夏は潜水士試験を受験している資格マニアさんがたくさんいるようなのでみんな合格しているといいですね!!

 

今後の予定

労働安全衛生法関係の資格で実務経験なし、講習なしで受験できるのは、あとはエックス線とガンマ線だけだと思うので、そのうち挑戦したいとおもいます!